FC2ブログ

今年家族が亡くなりました。節約的に覚えて欲しい事

主に携帯電話安売り情報と、携帯料金を安くする方法なんかを考えて載せてます。他にも適当に節約術なんかをボチボチと載せていきます。
 表題通りに今年家族が亡くなりました。寂しいとか悲しいとか、まあ、人並みにそんな感情を私も持ち合わせているんですか、そんな感情をここで吐き出してもしょうがないので、そこはまあ置いといて。葬儀は事前に知らないとただただお金を搾取されるだけです。って事で、縁起でも無いと思われるかもしれませんが、家族が亡くなる前に、又、自分が亡くなる前に知っといて欲しい事があります。

 まず、亡くなった時は余裕がありません。火葬まで日がありません。家の場合は永眠した日を入れて火葬まで3日しかかかりませんでした。この間にやらなければならない事が山程あります。流れから書くと

永眠

葬儀場等への遺体の移送

通夜から葬儀までの段取りを決める

通夜

葬式、初七日、火葬

 途中に決断しなけらばならない事があるんですが、随分と端折ってます。決めなければならないのは葬儀場から始まって、祭壇、棺桶、各種花束、各種お食事、火葬場、又、家は家族葬で大丈夫でしたが、マイクロバスの手配などなどですか。

 家の場合は、亡くなりそうという状態がかなり長い事あった、のに関わらず・・生前に故人が葬儀の段取りに関しては遺書に書いてあるというのを鵜呑みにして、何にも調べずにいました。そして、当日を迎え全て終わった後、ふと検索してみると・・もっとお得にする方法はあったと思い知りました。

 挙げればキリがない失敗話から、一番失敗した事を書こうと思います。永眠して、家族全員が平静で居られる筈も無い時に決めなければならない事は山盛り。そんな中から、お坊さんをどうするか?と言う話になりました。日頃から付き合いのあるお寺等無かったのと、遺書にお坊さんに関する言及が無かったんですが、葬儀屋の職員が「私達で手配致しましょうか?」と言ってくれたので、とにかく早く決めないとならなかったので任せる事に致しました。通夜と葬儀10万円ずつとお食事代、お車代などで合計23万円と言われました。しょうがないのでそれで任す事にしたのですが。49日が近いので後日検索してみると・・・一日35000円でお食事代とお車代込カード決済可能等ありました。多分それで頼むと葬儀と告別式で別料金だとしても半額くらいで済んだ筈です。亡くなった時にググるくらいの余裕があれば・・と後で思いました。そんな事が多々ありまして、数十万円は節約出来たと後々解りました。

 それで、後々、調べて良さそうな葬儀を簡単でありますが書こうと思います。まず市区町村に公営の斎場がある場合は、そちらで済ますのが断然安く上がります。あとはざーっと調べた所イオンの葬儀が安いそうです。かく言う私はイオンの会員になりました。

 そんな感じで、家の場合は家族葬で小さかったので、そこまで良い所でやる必要もなかったので、後々、失敗する事が多かったのですが、今回学んだのは「平静じゃない時こそググる」ってのが、高いお勉強代を払いましたが、今回学んだ事です。あと家の場合は故人が生前に自分で戒名付けてたのですが、それをお坊さんに頼むと又、何万円ってかかってしまいます。戒名が必要な方は生前に少し勉強して自分で付けとくと良いですね。

 そんな感じで、年明けてこれを読むのは縁起が悪いのかなと思いまして本日書きました。皆様にはよいお年をお迎え下さいますようお祈りいたします。

 | Copyright © 古事記に生きる All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ